30代後半になってから酷くなった汗臭さを緑茶スプレーで解消

汗臭さが酷くなるのが、蒸し暑い時です。ムシムシする夏場は特にその臭いが酷くなります。脇から背中、胸の下から異様な汗臭い汗が滴り落ちてくるのです。それが服に染み、体全体から漂います。その漂うところがまた気持ち悪く、すっごい臭さでジッとしていられません。

30代後半になってからこの汗臭い感じがますます酷くなってしまいました。それまではそんなに臭い感じはしなかったのですが、ますます酷くなってきました。夏場だけではなく、冬でも厚着をしては暖房の前にいると、その汗臭い臭いが体全体から漂ってきます。

ちょっと洗濯物をすれば、ジワッとしますし、トイレ掃除をするとまた汗臭くなります。夏場のお風呂掃除やトイレ掃除は大変です。服にもその汗臭さが染み込みます。服も洗ってもなかなか臭さが取れないから、ますます洗濯も大変です。

汗が臭いのには肌を不潔にしているからです。こまめにお風呂に入らず、肌に垢が溜まったような状態が続くと、ますます臭いが酷くなるのです。

汗臭くて外出しにくくなりました。人に嗅がれると嫌だと感じては、外出しにくくなってしまったのです。人が多い時間帯に買い物に行けず、いつも夜の人が少ない時間帯い行くようになりました。なんだかコソコソしたような感じの行動となり、本当に悲しくなります。

その汗臭さを改善するには、消臭スプレーをスプレーしました。緑茶成分配合のスプレーを体を洗った後に吹き付けるのです。