月別アーカイブ: 2015年10月

汗対策には制汗剤が有効

汗臭さというのは周囲の人を不快にさせるから注意が必要です。私もかなりの汗っかきで、毎年夏は苦労しています。

暑い場所で仕事をしているというのもありますが、私の場合体質的によく汗が出るため、臭いに限らずメイクも思うようにできなくて困っています。

汗臭さで一番困るのが人付き合い。目の前で話している人から汗の臭いが漂って来たら良い気はしませんよね。臭いが気になってしまい、話に集中できなくなると思います。

私はそれを恐れて、臭いには常に敏感になるよう心がけています。夏の汗の対策は簡単。制汗剤を使います。

私は時と場合を考えていくつかの制汗剤を使い分けてます。ワキに汗をかいたと思ったらスプレータイプを、運動をして全身にくまなく汗をかいたらウォーター系を腕につけます。夜の入浴後にはさらさらシートを使って火照った体をすっきりさせます。じんわりと浮いてきた汗を拭きとることもできて一石二鳥です。

私はこうしてその時に合った汗の臭いの対処法を利用しており、これからも続ける予定です。

自分の汗臭さは自分ではわかりにくいものです。大量に汗をかけば気づきますが、少しかいただけではわからないこともあります。周囲に迷惑をかけないためにも、エチケットとして事前に汗の臭い対策をしておく方がいいと思いました。

汗臭いと子供に指摘されたので対策しました

今年40歳になる男性です。子供が小さかった頃に言われた汗のにおいに対するショックな一言で対策をはじめました。夏場にTシャツ、短パンで子供と外出していたとき、子供からおもむろに汗くさいと直接言われてかなりショックを受けました。

家内にも改めて聞いたところ、私に対して汗臭さに自覚がなかったことに逆にあきれられたくらいです。それが30歳を過ぎたころ。それ以来、家内からもそろそろ職場でも嫌われるから何か対策しておいたほうがいいわよというアドバイスもあり、何らかの対策を講じたほうがいいと感じたわけです。よく考えてみると自分自身の汗のにおいも気になるといえば気になるもの。これなら周りにも汗臭さが伝わっているのではないかと自覚しだした次第です。まずはわかりやすいところとしては毎朝、暑くなってくるとシャワーを浴びてから出勤。

さらにデオドラントウォーターを脇や首に塗って出かけるようにしています。さらに日中も外出先から帰ってくるときには同じようにデオドラントウォーターを使って、汗のにおいをおさえるように注意しています。家内曰く、これだけでもかなり改善するということ。子供たちにも以前と比較するとあまり苦情を受けなくなっています。