食べたものによって汗の臭いが変わる

私は汗が臭いと感じる時もありますし、何も臭わない時もあります。でも最近になってよく思うことは、若い時は多分いつも汗が臭かっただろうなということです。最近になってわかってきたことは、油っぽい食事をとった時には、やはり汗が臭いですね。頭皮もベタベタする、顔もちょっとオイリーになってニキビができやすくなる。

そして口の中のPHも変化するので、口も臭くなってしまいます。反対に、和食でしかも利尿作用のあるものを食べたような時には、おしっこもよく出ますし、汗がそれほど臭わないです。これに気が付いてから、私はある服 汗臭い 対策を取り始めました。食べることは好きなので、焼肉などは大好きです。またハンバーガーなどのジャンクフードも好きです。

でもこれらを食べた後は、水分をよくとりますね。またきゅうりなどをとるようにします。飲み物を積極的に摂取すると、体の中の脂質の濃度が薄くなりますし、キュウリをとることによって尿の排泄を心掛けると汗がよく出るようになるからです。これをしなかったら、やはり汗は臭い、そして体はべたつく、また排泄物の臭いも変わってきます。やはり食べ物は、体を作り上げている基本になるものですから、とても大切ですね。

ニオイ対策は食生活が基本

汗をかく夏場だけでなく、冬場も汗臭さがなくならず困っていました。私だけでなく、家族全員が汗臭い・・・。そんな時テレビで、食生活で汗のニオイが改善されるというのを見ました。

汗自体はニオイはないのだけれど細菌とくっつくことで汗は悪臭を放つのだとか。

その菌たちのエサとなるのが、脂です。つまり脂っこい食事をしていると、その菌たちのエサをせっせととっているようなもの。

そういえば、男子の多い我が家では必然的に肉類が食卓に上がることが多いと気づきました。こってりした唐揚げにマヨネーズを絞って食べている息子のことを思い出し思春期独特の臭さだけではなく、食生活が原因でそうなっていたのだと反省。

主人の加齢臭と思春期の息子たちの男子臭も一掃するべく、食生活を見直すことにしました。体を錆びにくくしてくれる緑黄色野菜や大豆製品・魚介類を中心にメニューを考えることに。

青魚には血液をサラサラにする効果もあるので、安くておいしいサバがよく食卓に上がりました。みそ煮や、しそを巻いて竜田揚げにしたりと飽きないように工夫。ハンバーグを作るときも、タネにおからや豆腐を混ぜてかさ増しをします。大豆製品は、脂肪分を減らすのに大活躍しました。

腸内環境を整えるといいとも聞いたので便秘対策もかねて、朝食にはオリゴ糖入りのヨーグルトを欠かさずに食べました。

最初はあっさりした献立にぶつぶつ言っていた家族でしたが「女の子に臭いって言われたらいやでしょ!」と言ってやると急に静かに。

その生活を続けていくうちに、脱いだ服や枕カバーがにおわないことに気づきました。

以前は脱衣所のかごから異様なにおいを発していたので、そのストレスも軽減。

私自身も、サラッとした汗をかくようになり家族全員の汗臭さを解消でき大変満足しています。サプリなどもいいですが、やはり対策としては食生活が一番大事と感じました。

多少の運動が必要になって来る

30代に突入した私ですが、ここ最近汗の匂いが非常に気になりまして、特にお風呂上がりなどで使用するバスタオルが、洗濯しているのにもかかわらず、加齢臭のような汗の匂いを発してきたところから、普段着るスーツのワイシャツからも、同じ匂いがうっすらと香ってきたところから、これはいけないと思い対策にいたりました。

まず主な原因を考えてみたところ、いろいろ調べて運動不足が原因ということがわかりました。運動不足と汗の匂いとの関係ですが、運動しないことにより、毛穴に貯まってしまった皮脂が、酸化して生じてしまったと考えられました。

別に不潔にしているわけでもないし、毎日お風呂に入って湯船にも浸かっています。でもやっぱり運動しないと毛穴の奥に溜まった老廃物が出てこないようで、加齢臭の主な原因ともされています。

それを改善するためにも、多少ハードな運動してしっかりと汗をかく事を、週に2、3日設けることにしました。

するとどうだろう、最初は確かに汗をかくとしばらくして、自分がすごい匂いを発しているということに困惑しながらも、日毎にそれは軽減されていきました。

やっぱり、中学、高校と授業で運動することがあっても、それがなくなればこういうことになるんだなと改めて思いました。日ごろの適度な運動はとても大切だなと思った出来事でした。

肥満が原因の汗の臭い・・ダイエット&消臭スプレー対策

朝会社に行くときに駅まで10分ほど歩きますが、朝が苦手なので走ることがあります。電車に乗って安心すると、ムワっと自分から汗の臭いがしてくるので悩んでいます。自分でも気づくので、周りの人に私の嫌な臭いで迷惑になっているのでは?と不安になっています。

原因として思い当たることは、ここ1年ぐらいで太ったことです。1年ぐらい前はこんな風によく汗をかきませんでしたし、汗の臭いについても気になりませんでした。1年前に比べると7㎏も太ってしまったので、それが原因で汗を頻繁にかくようになったんだと思います。

肥満体型だと、脂肪がたくさんあるので身体の中に熱がこもってしまうんですよね。熱を身体の外へ出さないといけないので、汗をかくことで体温調節をするんです。運動をしてかく汗に比べると、太っている人の汗はベタベタして臭いようですね。

先日、満員電車の中で隣の女性から嫌な顔をされたのですが、絶対に私が臭いからだと思います。顔にも汗がタラリと流れていたのですが、満員電車でハンカチを出すことができずジロジロ見られてとても悲しい思いをしました。

肥満が原因ならまずはダイエットをしようと頑張っています。タオルを常にサっと出せるようにして、汗をこまめにふくようにしていますし、服や下着なども頻繁に取りかえるようにしています。また、消臭スプレーは必ず持ち歩くようにしているのですが、あまり臭いが気にならなくなりました。

高校大学の部活動の汗臭い生活

わたしは高校大学と体育会系でソフトテニス部に所属していました。今はスマートな部活動も増えていますがかれこれ20年近くも前の話、とにかく汗臭さでいっぱいの生活でした。朝から夜まで練習していたのですが問題は着替えです。テニスのポロシャツは通気性や汗の乾きも早いとはいえ、一日で何枚も利用します。

朝使ったシャツを昼休みの間に乾かして昼から着るなど。自分で言うのもなんですがとにかく汗臭いことは間違いありませんでした。部室ももちろん、こうした汗臭いウェアだらけです。また、こうしたポロシャツは洗っても洗ってもそのうち汗のにおいが取れなくなって洗濯してもどうにもならない時が出てきます。

とはいえ、そんなに多くのポロシャツが所持できるわけもなく、少しずつ汗臭くなったポロシャツをみんなで着ることになってしまうわけです。最近の後輩たちはシャツの品質も良くなっていることもあって、独島の汗臭さもなくなっているだけではなく、自分自身の汗臭さもデオドラントウォーターや汗ふきシートを使うことで何やらむかしながらの汗臭さがほとんどないという印象です。これも時代の流れといいますか体育会系であってもさわやかな印象を受けるようになっています。

30代後半になってから酷くなった汗臭さを緑茶スプレーで解消

汗臭さが酷くなるのが、蒸し暑い時です。ムシムシする夏場は特にその臭いが酷くなります。脇から背中、胸の下から異様な汗臭い汗が滴り落ちてくるのです。それが服に染み、体全体から漂います。その漂うところがまた気持ち悪く、すっごい臭さでジッとしていられません。

30代後半になってからこの汗臭い感じがますます酷くなってしまいました。それまではそんなに臭い感じはしなかったのですが、ますます酷くなってきました。夏場だけではなく、冬でも厚着をしては暖房の前にいると、その汗臭い臭いが体全体から漂ってきます。

ちょっと洗濯物をすれば、ジワッとしますし、トイレ掃除をするとまた汗臭くなります。夏場のお風呂掃除やトイレ掃除は大変です。服にもその汗臭さが染み込みます。服も洗ってもなかなか臭さが取れないから、ますます洗濯も大変です。

汗が臭いのには肌を不潔にしているからです。こまめにお風呂に入らず、肌に垢が溜まったような状態が続くと、ますます臭いが酷くなるのです。

汗臭くて外出しにくくなりました。人に嗅がれると嫌だと感じては、外出しにくくなってしまったのです。人が多い時間帯に買い物に行けず、いつも夜の人が少ない時間帯い行くようになりました。なんだかコソコソしたような感じの行動となり、本当に悲しくなります。

その汗臭さを改善するには、消臭スプレーをスプレーしました。緑茶成分配合のスプレーを体を洗った後に吹き付けるのです。

汗対策には制汗剤が有効

汗臭さというのは周囲の人を不快にさせるから注意が必要です。私もかなりの汗っかきで、毎年夏は苦労しています。

暑い場所で仕事をしているというのもありますが、私の場合体質的によく汗が出るため、臭いに限らずメイクも思うようにできなくて困っています。

汗臭さで一番困るのが人付き合い。目の前で話している人から汗の臭いが漂って来たら良い気はしませんよね。臭いが気になってしまい、話に集中できなくなると思います。

私はそれを恐れて、臭いには常に敏感になるよう心がけています。夏の汗の対策は簡単。制汗剤を使います。

私は時と場合を考えていくつかの制汗剤を使い分けてます。ワキに汗をかいたと思ったらスプレータイプを、運動をして全身にくまなく汗をかいたらウォーター系を腕につけます。夜の入浴後にはさらさらシートを使って火照った体をすっきりさせます。じんわりと浮いてきた汗を拭きとることもできて一石二鳥です。

私はこうしてその時に合った汗の臭いの対処法を利用しており、これからも続ける予定です。

自分の汗臭さは自分ではわかりにくいものです。大量に汗をかけば気づきますが、少しかいただけではわからないこともあります。周囲に迷惑をかけないためにも、エチケットとして事前に汗の臭い対策をしておく方がいいと思いました。

汗臭いと子供に指摘されたので対策しました

今年40歳になる男性です。子供が小さかった頃に言われた汗のにおいに対するショックな一言で対策をはじめました。夏場にTシャツ、短パンで子供と外出していたとき、子供からおもむろに汗くさいと直接言われてかなりショックを受けました。

家内にも改めて聞いたところ、私に対して汗臭さに自覚がなかったことに逆にあきれられたくらいです。それが30歳を過ぎたころ。それ以来、家内からもそろそろ職場でも嫌われるから何か対策しておいたほうがいいわよというアドバイスもあり、何らかの対策を講じたほうがいいと感じたわけです。よく考えてみると自分自身の汗のにおいも気になるといえば気になるもの。これなら周りにも汗臭さが伝わっているのではないかと自覚しだした次第です。まずはわかりやすいところとしては毎朝、暑くなってくるとシャワーを浴びてから出勤。

さらにデオドラントウォーターを脇や首に塗って出かけるようにしています。さらに日中も外出先から帰ってくるときには同じようにデオドラントウォーターを使って、汗のにおいをおさえるように注意しています。家内曰く、これだけでもかなり改善するということ。子供たちにも以前と比較するとあまり苦情を受けなくなっています。